木のぬくもりに包まれた工房とアトリエ

オーダー家具國中は、今年創業70年を迎えた世田谷区の芦花公園のとなりに佇むお店です。

向かって右は、木を使ったおもちゃやコースターらが置かれるお店。

左が工房になっていて、修理を待つ家具やキッチンの材料などが置かれたりしています。

ガラス戸越しに、置いてある木材や年季の入った機械も覗け、ちょっとわくわくします。

高度成長期はお店の什器やオフィス家具を。70年から80年代は住宅家具にシフトして、新建材やウレタン塗装を行っていたそうですが、90年代より作り手にも、使い手にも身体に良いものを作りたいと、オイル塗装を続けられています。

 

近くにあるアトリエイノウエでは、國中さんの家具が使われています。

こんな歩く花びらのような家具が収められる物件は、お庭も気持ちよさそうです。

アトリエイノウエの2Fの壁も、窓も、普通ではありません。

こんな仕上げを頼まれた職人さんは、きっと秘かに楽しんだことでしょう。

木の葉の散る和紙のシェードも、イイですね。

葉っぱも小さくて、あちこち向きながら順番に並べられてます。

ウエイトの小枝も可愛いです。

向かい側の壁も、普通でないです。

こちらは激しく力強い仕上げ。

素材の持つ力は、意匠に富んだもの達をしっかり受け止め、一つの空間に馴染ませます。

こんな工房やアトリエを目にすると、石で家を創る地域でなくて良かったぁ、と思います。


色があるのに ナチュラルな表情の壁紙

押し花の見本帳のような草花。大胆な色なのにソフトなタッチ。

そんな優しくてナチュラルな表情の、コラージュという壁紙がトミタから出ました。

無地調と柄物を組み合わせた展示から、

アクセントクロスをどんな風に使って欲しいか

イメージが感じられますね。

ツタの絡まる会場は若手の皆さんが見つけて来たそう。

少しいつもと違う雰囲気が、

ピュアな図柄を惹きたてます。

アイコンのデザイン。色によって、イメージが全然違います。

そうそう。シダ類をよく見ると、こんな風に葉っぱが出てます。

花は地色に馴染んでいたり、色がついていたりと、

型によって少しアレンジされてます。

組合せの布目無地調が、イイですね!

グレーには、お花に色がついてます。銀杜松のような渋さに、はんなりとうす紅。

組合せたピンクがソフトな優しさを醸し出して、渋さを押さえます。

スタッフの皆さんも楽しそう。

このほかにも、パールを掛けた鈍い光を纏った壁紙や、凸凹の糸目が浮き出ているような壁紙も。

ビニール素材のものや木目柄が加わり、コーディネートしやすそう。

日は落ちてましたが、木洩れ日に居るような柔らかな心地の展示会でした。


渋谷の開発 ビルの壁変わってきました

渋谷ストリーム。都会のオアシスはこんな風になっていくのかと眺める。

ビルコンコースには装飾の様に液晶パネルがはめ込まれ、柄の様に画像が映し出されます。

渋谷今昔 渋谷開発情報サイト URL 出てました❣

https://www.tokyu.co.jp/shibuya-redevelopment/index.html

駅ビルも、向かいのストリームも、どちらの壁面にも不揃いなパネルが付いてます。

意外と圧迫感やガラスのギラギラ感、軽減してます。

手前のビルの壁面も不揃いの装飾(?)が付いてます。地味ですが、大面積になるときっと効いてくるんでしょうね。

歩道橋が新しいビルに繋がって、登ると視界が一気に開けます。これからは、3D感覚で移動しないと思わぬ遠回りに見舞われそう (‘◇’)ゞ

どの方角も開発が進行中。工事ベストを着た集団があちらで計り、こちらで写真を撮ったりしてます。

この規模のビル群だと、小休止程度の壁面緑化が良いのかも、ここだけ反射が違います。夏も暑くないかもですね。

高速道路側のトラスはパネルが抜けていたり、よく見るとスポットライトも点在していて、夜はまた違う表情が楽しめるのかも知れませんね。

この丸いパネルも以前のデザインを思い起こさせて、新しいけど懐かしさも漂う感じです。

新しい材料あちこち満載、今年も新しいビルができるよう。どんな街になって行くのか楽しみです。


ペット用タイルカーペット ご紹介🐶 https://osusume.mynavi.jp/articles/265

ペットと快適に暮らすヒント、ご紹介します。

一緒に暮らすとわくわく&たまにハラハラ。小さかったらそれなりに思わぬハプニングの連続の日々。

長年寄り添ったペットなら、一緒に居てくれた日々の分だけペットが先に足腰や体の自由が利かなくなって。

幼かったり、年齢を重ねたペットには、頑張りたくてもできないこともありますね。

毎日床を拭いては走り回る汚れた脚を洗う姿に、すまなそうな顔つきで、気づけばたまにちょっぴり抱っこシャワーを楽しんでるようでもあり、どんな時も思わず笑わせてくれたりします。

☟ご参照ください

https://osusume.mynavi.jp/articles/265