板倉の想いを受けたル・コルビジェを織った、川島織物

60年前、ル・コルビジェと板倉順三の依頼により、東急文化会館に掛けられる大型の緞帳制作に川島織物は携わりました。

板倉順三の願いにより、ル・コルビジェがその想いを画にしてそれを川島織物が織物にして表現するという壮大な作品を、2018年特別見学会という形で拝見する機会に恵まれました。

ル・コルビジェと板倉順三は師弟関係にあり、板倉はその願いを師に託します。コルビジェは、避暑地の南仏にてこの大作の創作に掛かり、昭和31年11月お披露目されました。

 

この1・5のサイズの緞帳が2018年ふたたび制作され、ヒカリエに飾られているそうです。

糸の選定から準備まで、コルビジェの画を織物に落とし込もうという壮大な様子がうかがえます。コルビジェお馴染みのモジュールアイコンが、左下に記されています。

聞くところによると、この画は昼と夜から成っているそう。お月様は良く分かりませんが、太陽は分かりますね。

上に居る人から、どんなに大きいかお分かりいただけるでしょう。

サインも忠実に織られていました。

伺った時も新たな緞帳が制作されていました。裏で見るので大変そうです。

 

 

 

あの旧前田邸のカーテンのような、奥行きあるファブリックがおられています。。

繊細な糸による織物も制作されていました。

 毎日少しずつ、進められているそうです。 今では作られていない織機を、廃業する会社が出るたびに買い取ってはメンテナンスし、パーツを流用して使い続けているそうです。このような会社は文化的価値も大きく、人の育成や継承もぜひとも行い続けていただきたく、文化財保護のような何かのサポートを受けられればいいなと、大きな施設を周らせていただきながら思うのでした。


旧前田家本邸洋館、本邸和館

加賀百万石の当主だった旧前田家の前田利為侯爵の邸宅、駒場前田邸。和洋建築の粋を集めた洋館は昭和4年に、書院造の和館は昭和5年の完成という、昭和の初め色濃い邸宅です。旧阿重田家本邸洋館は、コンクリート造りの化粧レンガ、タイル張りを施した意匠溢れる建物で、延べ床面積2992㎡地上3階地下一階の建物で時の華麗な社交場を思い起こさせます。和館は、侯爵がロンドン駐在武官であったことから外人客の接待用に建てられたとも言われ、縁側からの日本庭園の眺めが美しい建物です。

かつては住宅にもパーケットの床張りが見受けられました。腰掛けるに程よい越窓に豊かなドレープの縁取りが、絶好のピクチャーウィンドウとなって、外の樹木を取り込みます。今ではもう日本製では手に入らないであろう華やかな壁紙や凝った鋳物の暖炉。華やかな色や柄の仕上げではありますが、なぜか華美すぎず、シャンデリアの装飾が控えめな日本らしい美しさを醸しています。

この優美な邸宅は第2次大戦で当主を失い人手に渡り、終戦とともに占領軍に接収されましたが、その後連合軍司令官の官邸として使用され、国に買い取られてより目黒区に移管され、旧前田家本邸として平静25年に国の重要文化財に指定されています。

凝ったカーテンに施したフリンジ。各部屋のカーテンの色はそれぞれ異なります。

 

嗚呼  なんときれいな事でしょう。日本にももう一度、こんなパリで見られるような華麗なる仕上げ材が使われるホテルを作っていただけないでしょうか。

光沢を蓄える綺麗な色の壁紙。コーラルは2019年のトレンド色。カーペットのアクセントカラーはこちらも旬な楽しさを加えるイエローです。照度が確保しにくかった昔ながらの空間に品と暖かみを与えていて、上品ながら美しく愛らしい部屋です。

同様の仕上げでも構築的な石が置かれシンメトリースタイルになると趣が加わり重厚感が加わります。

カーテンはあのいちご泥棒。織物なのでカワセルさんの作品ですね。

金唐紙の壁紙です。触ってはいけませんのマークがありますが、ほんとに触って確かめたい! 紙には全然見えません。何工程も経てとありますが、革と見まがう重厚な様に、紙を使ってでもこの意匠を創り上げた憧れや意気込みを感じさせます。  

これらの中では比較的さっぱりと感じられた次女の部屋でしたが、可愛い花や蝶が壁紙に舞い、面で表される具象化された植物柄のカーテンもなかなか凝っています。日本人は蝶を好まないなどと聞きますが、紋章や昔の柄に良く登場していたような。むかーし作った黒地の帯にも金や朱の蝶が刺繍されていました。着物もカーテンもカーペットも、色がいっぱいでしたよね。いつから日本人は凝った柄物や色使いの仕上げから縁遠くなってしまったのでしょう。

綺麗な書斎室。そう、こんな色物のカーペットも良く敷いてありました。このカーペットもコーラルですね。アールデコな時代の色を感じます。重厚過ぎない部屋の数々に、当主の趣向を感じます。

書斎いいですねー。洋館だけど床しつらえ。壁紙はスイスのサルブラス社のものだそう。一部にオリジナルが残っています。

前田伯爵夫妻の寝室。ベッドやキャビネットなどの家具は英国ロンドンのハンプシャー社の誂えで、船で取寄せられたそうです。壁紙は金と銀。ベッドヘッドの上には前田家の守り刀が設えられています。

ハンプトン社によるっクローゼット、鏡台、チェストのデザイン画。この他ベッドや書斎の机などの家具には、ダイヤとクローバーをモチーフにした装飾が施されているそう。見るとザイン画では洗面が想定されたていたようですね。

長男の部屋の壁紙。トワルドジュイを思わせます。

和館は一転、庭の眺めが楽しめる、客人をもてなしたであろう様子がうかがえる清々しい造りの広間となっていました。


ニーズの象徴-トレンドカラー

世界中の人々が色に魅了され、深いメッセージや意味を伝えると実感するにつれ、デザイナーやブランドがデザイン戦略として色のもつ感情的で人々を元気づけたり影響を与える力を取り入れています。

2019トレンド総括 インテリアの「変化」を紐解くセミナーでは、トレンド事象や人口統計によるライフスタイルの推移、デザインへの影響について考察、解説セミナーを開催します。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfqQvnby-NuVKGt_v6Foiu9ixvnl-tfw4Wedlc3Avq1Yr0Yvg/viewform

COLOR OF THE YEAR 2018 – Ultra Violet

ウルトラヴァイオレットは、独創性や創意工夫に富んだ、先の明るい未来に向かわせる色として2018年のパントンの色に選ばれました。

紫色は、謎めいて型にはまらない色で、デビットボーイやジミーヘンドリックスなどの個性的なポップカルチャーの最前線の人々の芸術的な輝の象徴、プリンスへのオマージュの色として選ばれています。

紫色は神秘的と関連付けられ、マインドフルネスなど精神的な習慣にも関連することがあります。 瞑想スペースやその他の集まりの場での紫色の照明のは、そこに集うコミュニティを活性化し、つながりを刺激すると言われています。海外では紫色の照明による空間をしばしば目にするようになりました。

COLOR OF THE YEAR 2017 – Greenery

グリーナリーは、今のような時代において私たちに自信と大胆さを以て自らが思い描く通りの人生を過ごすことを後押して、何が自分にとってサクセスフルでハッピーであるか考える力を与えて人生を肯定する色、情熱とバイタリティーの追求を象徴する色として選ばれました。

フレッシュで爽やかなイエローグリーンは、みずみずしく生い茂る青葉や広々とした自然の豊かな緑の象徴です。芽吹きや春の始まりを思わせる回復や復興のイメージで、フレッシュな酸素を深呼吸してチャージする再生の象徴、元気づけて安心させ、同時に活力を与える力も持ち合わせている色です。

都市に暮らすモダンで健康的な思考をする人たちは、自然界に存在する美や本来の調和に身を置こうとする傾向にあります。この世界的な動きは、都市計画や建築、ライフスタイルやあらゆるデザインとなって、日常生活の場面に現れています。また、気持ちをワクワクさせて人の注意を喚起するこの色は、テクノロジーとイノベーションを結び付けるキーであり、ウェアラブルディバイスやスポーツウェア、多くのアプリやアニメ、先進的なデジタル企業のロゴなどにも採用されています。

COLOR OF THE YEAR 2016 – Rose Quartz & Serenity

セレニティーとローズクォーツは、混沌とした世の中にあって、調和が求められる象徴として選ばれました。

ローズクォーツは、思いやりと落ち着きのある感覚を伝え、説得力がありながらも優しいトーンを表し、また、セレニティーは静けさを伴う無重力で青い空の広がりのように風通しがいい、混沌とする時代に休息とリラックスの気持ちをもたらします。

消費者が現代のストレスに対する解毒剤としてマインドフルネスや幸福を求めるにつれて、安心と安全に対する私たちの憧れを心理的に満たす色への希求がより顕著になっています。世界の多くの地域で、ファッションにおける性別のあいまいさが表現され始め、デザインのあらゆる分野に影響を与えています。2色の色は、男女平等と流動性への社会的な動き、表現、暖色系のローズトーンとクールで穏やかなブルーとの本質的なバランスを示し、穏やかな秩序と平和を反映して、つながりと健康を表しています。

COLOR OF THE YEAR 2019 – Living Coral  詳しくは☞ https://colordesignfirm.com/?p=1369

活気に満ち穏やかなリビングコーラルは、絶えず変化する環境の中で、快適さと暖かさを与え日々の滋養をも与える色です。

リビングコーラルは、自然の中で見つかる、望ましい身近な、そして活気に満ちた側面を放つ色です。デジタルテクノロジーやソーシャルメディアによる猛烈な反応が増大する中で、私たちは、つながりや親密さを可能にする信頼のおける経験を求めています。 社交的で活気に満ちたリビングコーラルの魅力的な特徴は、楽観的で楽しさを求める私たちの先天的な必要性、遊び心のある表現を求める気持ちを後押しする色です。

 

 


カラーで印象を創り上げた、ティファニー

ティファニーは、エレガントで独創的な色で企業イメージを表現したいと、オリジナルの色の考案を依頼します。1853年の事だったそうです。

一流のジュエリーへのこだわりと数々の作品の創造により、チャールズ・ルイス・ティファニーは「キング オブ ダイヤモンド」と称されました。1878年には世界最大級にして最高級の287カラットのファンシーイエロー ダイヤを購入。比類ないカットで完成して公開するなど、世界の話題を集め、ダイヤやシルバー、後に陶器でも名を馳せてゆきます。

年に一度発行されるティファニーのブルーブックは人々を魅了し、ますます知名度を上げたそう。こだわりの品質、独創的なデザインで憧れのブランドの一つとなったティファニーは、180年以上前から工夫を重ね、世界で知られるブランドとなって行ったんですね。

そのティファニー氏は、エレガントで独創的な色で企業イメージを表現しようとオリジナルの色の配合をパントン社に依頼しました。

ティファニーブルーは、ヴィクトリア朝のイギリスで珍重されたこまどりの卵の青を基にしています。このコマドリの卵の青は、ウジェニー皇后(在位1853-1871)が好んだ色として大流行し、重要な台帳の表紙に使われるなど、大切なものを表す色として使われました。

ウジェニー皇后と女官たち コマドリの卵の青のドレスですね

スペイン貴族の出で、フランスで名高いサクレクール女子修道院で高い教育を受けたウジェニー・ド・モンティージョは、その美貌とセンスでフランス皇帝ナポレオン三世の求愛を受けウジェニー皇后となります。ウジェニーは貴族的気品で家柄に対する反発を覆し、欧州の宮廷で大流行となる新しいスカートスタイルを打ちだすなど、当時のファションリーダーとして知られたそうです。

また、バロックやロココなどの装飾的・官能的な流行に与しない、「真の様式」と言われる新古典主義用いたウジェニーによる宮廷の家具やインテリアの装飾を採用し、そのスタイルはシックのもとになったともいわれているそうです

そんな彼女が好んだ色がコマドリの卵の青で、ティファニーはこのフランスの気品漂う人気の色を自社のブランドカラーとして採用しました。ティファニーの製品を手にするものだけが持つことができるという、ブルーボックスの登場です。

1906年のニューヨーク・サン紙は、「ティファニーには、どれだけお金を積まれても決して売らないものがある。それは名前が入ったあの青い箱だ」と述べブルー ボックスはティファニーの代名詞として知られるようになりました。

調色はパントンが行い、その配合はティファニーだけのものとして不出です。ディファニー氏の強い要望により、色の品番は創業年の1837になり、ムラのない色を出すため、顔料などを駆使してあの色が生み出されているそうです。

たしかにブルーボックスは、引き出しの奥深くにずっと大切に仕舞われ保管されてました。そう、あのブルーだからいいんですね。当時のトレンドセッターのチョイスが今も息づくようです。