安藤アナのご自宅、壁紙リフォーム計画 TBSラジオで放送決定!


いつも番組でお世話になっている 安藤弘樹アナのご自宅リフォームが進行します!

http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2019/gy190207-05.html

リスナーのお悩み相談とは勝手が違い、緊張気味の安藤アナ。笑顔が絶えないお綺麗な奥様と話はあれこれ盛り上がりました。まずはどのようなお悩みやご希望があるか、お宅におじゃまして話をお伺いしました。

今週から3週連続の毎金曜日 14:35分から5分間。短い番組ですが、どうしよう、というリアルなお話を番組でお聞きいただけます!

TBSラジオ「とにかく壁紙の話」金曜  14:35~40

2月8日、2月15日、2月22日 の3週連続で放送 

ラジコというアプリで放送後一週間タイムシフト視聴いただけます。 http://radiko.jp/

オフホワイトを基調にした爽やかなお部屋、広いダイニングとキッチンには燦々と光が降り注ぎます。

とある番組でダメだしされたという奥様のインテリアセンス。

どうです? 清々しく思うのは私だけでしょうか。

ご自分で工夫され、黄色味の色調=イエローアンダートーンで統一。緑を差し色に、明るいご家庭の雰囲気そのもののお部屋が広がります。

さて、お悩みは。。。

先ずはこちらの壁。

リビング・ダイニングに使用する建具に隣接する壁で出入りが激しく、またお洗濯もこちらに家乾しされることがあるそうで、とにかく傷みが気になるそうです。 ふむふむ。

築12年とは思えない丁寧なご使用ですが、白い壁がほとんどで、ここで気分も変えてみたいそうです。

とは言えどうして良いかわからない。

番組では視聴者の皆さんのお悩みを沢山聞いておいででしたが、「我が家となるととても緊張!」とおっしゃられ。

わかります。

私たちプロも、実は自分の家となるとすぐには決められません💦

あれこれ悩むものです。

おトイレも リフレッシュしてみたいと話は広がり。

「●▽〇◆□〇⦿」 と、作戦会議。

ご家族のお話しも沢山お伺いし、奥様のご趣味の話や飾ってあるものなどもしっかり目に焼き付けました。

お使いの小物や色を手掛かりに、ご希望に近いかな、と思う画像をお見せし、おトイレはこんな感じで如何ですか?

「あ~ 好きなイメージです」って言ってくださり、これならこの小物も合わせられますねなどお手持ちのものとの組み合わせもお話しし、

「安藤アナのご自宅壁紙リフォーム」、どこを大体どんな風にするかご提案させていただきました。

様子はTBSラジオ「とにかく壁紙の話」でご紹介していきます。

どうぞお楽しみに♡ 


◆CDFセミナー「2019変わる欧州 デザインのゆくえトレンド+カラ‐」2月22日(金)15:00~17:30

今期トレンドコンセプトを徹底解説!注目の新作と、素材と空間。トレンド空間の作り方をしっかり把握いただけます。

注目の照明や家具やキッチン、壁紙の新作やファブリックのテクスチャーをピックアップ。年初発信された「ハイムテキスタイル」「immケルン」「メゾン・エ・オブジェ」「パリ・デコオフ」の最新トレンドを速攻解析。「素材」「カラー」「サーフェス」をカテゴライズして、展示を見ただけでは分からないトレンドのポイントとそのコンセプトを、現地のホットな動向取材と豊富なビジュアルで解説します。
 
今期のものづくり、空間づくりと注目アイテムが把握いただけます。
 
申込フォームURL:(TOPページにも申込フォーム掲載) 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe15Ml8jZRddbwummusis_pjvsmIglBOZ-o9yl_bX8AY5iLuA/viewform

EU圏の変革とアジア市場の膨張。ハイパーECOやVR、ナノテクノロジー。トレンドは今、情勢・環境・技術革新を受け大きく変化しています。これからのインテリア、これからのものづくりはどうなるのか。旬なデザインを知る機会をお見逃しなく。

■2019年CDF最初の公開セミナー

日時:2019年2月22日(金) 15:00 ~ 17:30
場所:株式会社シノダ会議室/〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目22−1
アクセス/JR・丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」 より徒歩5分
http://www.shinoda-co.jp/sales/shop/shinjuku.html

受講料:5000円/人 一社二人目から¥1,000/人(税込)

 

セミナー後の懇親会場所;「四谷 和食居酒屋 希の華」
https://r.gnavi.co.jp/5jc27uhy0000/
住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-17-8 石川ビル1F(四ツ谷駅歩4分)
TEL:050-3476-3671
時間:18:00から2時間
費用:¥4,000/一人(飲み放題)当日会場にてお支払いください


◆HIPSセミナー「網村眞弓の海外見本市に見るインテリア新作レポ‐ト」2月27日(水)16:00~18:00

http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2019/gy190116-04.html

「ハイムテキスタイル」「immケルン」「メゾン・エ・オブジェ」の最新トレンド情報を解説するセミナー「網村眞弓の海外見本市に見るインテリア新作レポート in2019」参加募集

今回は注目アイテムとして壁紙をクローズアップ。海外見本市におけるデザイン・カラーのトレンド傾向の解説から、日本ではまだあまり使われていない輸入壁紙の新作の紹介、アクセントウォールとしての壁紙の効果、コーディネート例などを紹介する。また輸入壁紙だけでなく、コストパフォーマンスの高い国産壁紙等も含め、ハイエンドに限らない一般顧客層向けの商品やそのメリットについても解説する。

申込:https://www.hips-school.jp/course/business/form/interior-report_appli.html

■「網村眞弓の海外見本市に見るインテリア新作レポート」
講師:網村眞弓氏(Color Design Firm代表)
会場:HIPS東京校(新宿駅徒歩7分)
日時:2月27日(水) 16:00~18:00
受講料:5000円(税込)

 

 


2019年のトレンド色「リビングコーラル」世界のデザイナーとインテリアへの取入れ方お伝えします!

2019年パントン発表のトレンド色は「リビングコーラル」。世界のデザイナーがHOUZZをプラットフォームに、取り入れ方などの意見を交わしました。

日本では色の専門家として、私とハウズのコントリビューターのカツウラさんが、世界の皆さんと意見を述べさせていただいてます。

コーラル系は日本で古くから親しまれてきました。日本は四季があり、自然の色を衣の配色として、梅の襲(かさね)桜襲などと取り入れ、親しんできた歴史があります。癒し効果にもなる色で、少しプラスするだけで空間に楽しさが出て、また暖かみも感じられ、今のインテリアには必要な色の一つでしょう。

自然界の色と組み合わせて

自然を感じさせるカラーパレットとコーラル系のカラーの相性の良さを指摘する専門家が多くいました。

コーラルは自然を思わせる色との相性も良く、緑や木目と合わせると、穏やかでナチュラルな空間づくりができます。また、反対色のターコイズや水色と合わせると、コントラストがついて洗練された印象をつくることができます。

オーストラリアのSonia Simpfendorferさんはコーラルは「白、ソフトグレー、明るめの木目と組み合わせるのは難しくありません。でも淡いブルーやクリアすぎない紫と組み合わせると、面白いと思います」とアドバイスします。

コーラルや、その他の色により親しんでいる国の方たちからは、よりチャレンジな組み合わせの提案が出ています。

コツは赤を強めすぎないこと

コツは強めすぎないこと。暖かみのあるコーラルに、レッドやオレンジを組み合わせると、とてもホットな印象になります。好きだからと言って沢山取り入れてしまったり、強める色と組み合わせたりすると、もともとの赤の性質が強まり、インテリアの色としてはリラックス感が軽減します。ちょっと暑苦しい感じになってしまうかもしれませんね。

カツウラさんも「古くから自然素材を家屋に多く取り入れ、ナチュラルカラーや渋みのある色に馴染みが深い日本では、チャレンジングなカラー」。「ただ、原色のような強目の赤に比べるとチャレンジしやすい色」「彩度を下げたグリーン」など組み合わせて、とアドバイスを加えてくれています。

甘さを抑える方法も

ロシアのインテリアデザイナー、Daria Kharitonovaさんからは「明るく、ニュートラルなグレー、そして幾何学模様との組み合わせ」が提案されました。幾何学文様なら『甘さ』を抑えてくれ、壁紙や布に使うのも良いとのアイディアです。

フランスのインテリアデザイナー、Anne Azoulayさんは、コンテンポラリーな雰囲気を作るにはコンポジション全体のデザインが強調されるよう「黒に近いグレー、濃いブルーかグリーン、黒」を組み合わせる方法もよいとのお話し。

コーラルの『甘さ』はモノトーンで解消。光や自然の環境が違うと、色を調和させる発想から、単色で活かすアイディアも出て、面白いですね。コンテンポラリーなインテリアにおススメです。

温かみのある色合いが気分を緩和する効果も

どんな部屋に、どの様に使ったら良いかなどもご紹介しました。各国の皆さんの「リビングコーラル」。ぜひご参考に。  

(©あみむら まゆみ)

Click 

2019年のトレンド色は「リビングコーラル」。インテリアへの取り入れ方は? »