壁紙スペシャリスト講座 東京7月17日、大阪12月10日開講

http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2019/gy190604-02.html

様々な意匠壁紙がぞくぞくと発表されています。

壁紙はすぐ目にとまり、インテリア空間を素敵に演出する効果的なツール。

前回満席で受講いただけなかった方もおいでで、東京に加え大阪でも開講します。

デザイナーや建築・リフォームに関わるなど、空間に関わる方必見の講座。上級者コースも予定されています。

授業概要:

壁紙のインテリア効果、

・空間に対する効果
・人に対する効果
・住環境に対する効果

意匠壁紙の推奨のポイント など。

この機会に基本知識を得て新鮮な空間デザインにぴったりな、壁紙の提案上手になりましょう。


2019トレンド総括 インテリアの「変化」を紐解くセミナー開催

申込フォーム https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfqQvnby-NuVKGt_v6Foiu9ixvnl-tfw4Wedlc3Avq1Yr0Yvg/viewform

2019トレンド総括 インテリアの「変化」を紐解くセミナー

2019年7月25日(木) 13:30 ~ 15:00

■会場:tomita TOKYOトミタ トーキョー 〒104-0031東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F

アクセス JR東京駅八重洲南口より徒歩5分東京メトロ銀座線京橋駅直結 https://www.tominet.co.jp/showroom.html         

来期トレンドを予感させるミラノサローネ。展示はブランドやカテゴリーを超え、つながりをテーマに新たな時代に入りつつあります。ミラノサローネから見えてきた空間に対する変化の兆し。注目の展示や展開から、現地で実践された全く新しいインテリアトレンドの空間に対する考えをいち早くお伝えします。

今や展示や製品を見ただけでは見えない起きつつある傾向を、事例を交えながら紐解き解説します。
 
◆ 壁紙の新作に見る、注目ポイント
◆ 照明に起きている、大きな変化
◆ 家具・展示に見る、変化の兆し
◆ ホテルに見る、ターゲットの変化
◆ デザイナーや現地動向より、もづくりや空間の捉え方、注目の状況を解説します。

トレンドが対象とする顧客に変化が見られます。数ある展示より、際立つポイントと素材や色、表情や構成の仕方をわかりやすく紐解いてご説明します。
デザインの新しい動きを知る機会をお見逃しなく。

 


ハーフェレ デザインコンペティション 2018

渋谷川を『Wellness architecture (ウェルネスアーキテクチャー)』に。センソリーデザインの特別講義をさせていただいた工学院大学が受賞されました。

課題は身体的な“健康”に加え、例えば、スピリチュアル、メディテーション、笑い、コミュニケーションの広がりなど精神的、社会的な「ウェルネス(健康)」への提案。

渋谷川を利用しての、心身に「ウェルネス(健康)」を導いてくれるもの。私たちの生き方、人生をどうデザインしていくのか、そのためのインテリアやエクステリアを含む空間デザイン、都市化への挑戦です。

工学院大学の学生作品は、人の五感を重視した提案でした。中でも色に着目し、色が感情の変化を左右し、色そのものがウェルネスと考えたものでした。

「これからのデザイン」について、感覚デザイン、センソリーについて。色やその効用を聴講いただいた大学で、色と感情を主軸とする空間が提示され、かつ受賞、うれしい限り。構築的なものが多く、建築や土木からの発想作品が主流の中、工学院という理工系にありながら自然や人の感覚を包括する柔らかい発想が印象的でした。

選者のカーネルさんのヒューマニティ溢れるお人柄が、感性作品に惹きつけられてくださったことも、あるでしょう。

横川賞を受賞した早稲田大学大学院の学生作品、気晴らしスカイラインは、人がねこや鳥と一緒にウォークできるスライダーが架けられたくつろぎの提案でした。

川の高低差を利用し、都市にくぼみをつくるアーバンぽけっとなど、カオスのような都市の中での個性あふれる未来を見据えたソリューションが見られました。

(©あみむら まゆみ)