壁紙探訪㊹

生活様式が変容して半年を超えた。コロナ禍で需要を伸ばすインテリアについて、これからのビジネスヒントをご紹介しよう。

コロナ禍で果敢に取り組む抗ウイルス製品の開発が活発である。

この8月、富士工業は漆喰を壁紙にした漆喰壁紙を開発した。新製品のポイントは、漆喰としての機能はそのままに、白やベージュにとどまらず、今ならではの自然のモチーフを付与した壁紙としていることである。

富士工業株式会社漆喰パワーシリーズ

関西ペイントは漆喰塗料アレスシックイを販売しているが、以前からの活動もあり販路は多岐に広がる。このコロナ禍で不織布に漆喰をコーティングした製品が爆発的に売れ、この度生産効率の良いシートタイプの製品も開発している。

関西ペイントアレスシックイ

大日本塗料は4月に抗菌・抗ウイルス機能を備えた好みの調色にも対応するCOZY PACK Airを発売した。

大日本塗料の抗菌・抗ウイルス機能を備え、好みの調色にも対応するCOZY PACK Air

リリカラは8月に抗ウイルス壁紙を新発売。シンコールは鳥インフルやノロウイルスに対応した抗ウイルス壁紙、トルウイルスを発売しており、サンゲツも抗ウイルスを始め多種の機能をもつ壁紙を揃えている。

抗菌ファブリックや暖かみのあるインテリア製品が売れている。ニューノーマル時代のインテリアとしてこれら製品を選定し某百貨店で展示のコーディネートを行ったが、多くの消費者が購買意識を持ちインテリアを見るようになった。

イオニアの扱う新型コロナウイルスにも耐性がある英国シールド・プラス生地のクッション。マスクも販売している。

市場が求める目に見えない脅威に対応する製品が好調である。これらは量販店での人気も右肩上がりで、壁紙の売り上げが昨対150%以上を示すところもある。

籠り時間が長くなった今日。環境整備を意識し始めた市場では、高機能製品が好調である。

ブランツの扱うイタリアルーメンセンターの温かみのある照明