壁紙探訪㊻

川島織物セルコンは11月24日、経営陣が参加する買収により、親会社のLIXILグループから独立すると発表した。 同社は京都に川島織物文化館という美術・博物館も持っている。一企業がこれら文化財や、古くからの織機を維持し続けるのは、並大抵のことではないであろう。

古くから伝わる織機は今も現役で活躍している

60年前、川島織物はル・コルビジェの画をモチーフにした東急文化会館の緞帳制作に携わった。坂倉順三の願いを受け、師であるル・コルビジェがその想いをニースで画にし、それを川島織物が緞帳に表現するという壮大なもので、2018年、特別見学会という形で公開された。

坂倉順三とコルビジェ/坂倉順三展にて筆者撮影
東急文化会館と緞帳 坂倉順三展にて筆者撮影

このコルビジェの画は昼と夜から成っており、緞帳をみると太陽の様子や、コルビジェのサインが見てとれる。

公開された実際の緞帳。奥の巨大な織機に座る人でその大きさがわかる

この1・5のサイズの緞帳が2018年ふたたび制作され、渋やヒカリエに飾られている。

再現され、ヒカリエに収められた緞帳 

巨匠の画をサイン付きで巨大な緞帳に織り上げてしまうという、こんな大作に挑む会社は高度な職人集団に他ならない。

この日本の財産ともいえる会社は、独立により経営の自由度を高め、長期的な視野で主力事業のインテリア・室内装飾織物などの伝統技術の継承や新商品の開発に取り組んでいくということだ。

ぜひ経営基盤を強固なるものとして益々の発展を遂げ、自由にチャレンジを重ねていってほしい。