色があるのに ナチュラルな表情の壁紙

押し花の見本帳のような草花。大胆な色なのにソフトなタッチ。

そんな優しくてナチュラルな表情の、コラージュという壁紙がトミタから出ました。

無地調と柄物を組み合わせた展示から、

アクセントクロスをどんな風に使って欲しいか

イメージが感じられますね。

ツタの絡まる会場は若手の皆さんが見つけて来たそう。

少しいつもと違う雰囲気が、

ピュアな図柄を惹きたてます。

アイコンのデザイン。色によって、イメージが全然違います。

そうそう。シダ類をよく見ると、こんな風に葉っぱが出てます。

花は地色に馴染んでいたり、色がついていたりと、

型によって少しアレンジされてます。

組合せの布目無地調が、イイですね!

グレーには、お花に色がついてます。銀杜松のような渋さに、はんなりとうす紅。

組合せたピンクがソフトな優しさを醸し出して、渋さを押さえます。

スタッフの皆さんも楽しそう。

このほかにも、パールを掛けた鈍い光を纏った壁紙や、凸凹の糸目が浮き出ているような壁紙も。

ビニール素材のものや木目柄が加わり、コーディネートしやすそう。

日は落ちてましたが、木洩れ日に居るような柔らかな心地の展示会でした。


Topicsカテゴリーの記事