450 Sutter Street サンフランシスコ

450 Sutter Street ビルは、「ネオ マヤ」スタイルのアールデコデザインで知られています。

カリフォルニア州サンフランシスコにあり、設計は建築家ティモシー L. フリューガー。1929 年完成の、高さ 105 メートル (344 フィート) 、26 階建ての超高層ビルです。

ネオ マヤ

ネオ マヤは、1930年代に人気を博したスタイルです。ビルなのにどことなく丸みが感じられます。垂直方向の意匠がネオ マヤの装飾と荘厳さを思わせます。

圧巻は何といっても内部の天井。

水晶の柱が横に延びているようなまばゆさです。

外観の装飾は、絵文字のようです。庇のアールデコデザインにも、細かくレリーフが入っています。同じアールデコでも、パリとはだいぶ異なります。アメリカは流行りどっしりとした厚みが感じられます。人が大きいからでしょうか。

ロビーが素敵でした。窓にライブラリーを設けて光を通す。カリフォルニアならではの発想です。昼も、明かりが灯った夜も、素敵そうです。

外に向けてソファを置く。セミパブリックスペースですが、かなり落ち着くいいデザインです。