ダスハウスのデザイナー、Sebastian Herkner氏 心地良いプロテクトな籠り家

今年のケルン・デザイナー・オブ・ザ・イヤーのSebastian Herkner氏は、日本に来た時の経験をもとにダスハウスをデザイン!

1

今年のダスハウスは、それはそれは心地よい。日本っぽいしつらえは近年あちらこちらで見られるが、それをフレッシュな形で魅せたのが、今年のダスハウス。

ニア・ノルディスカのカーテンがクリーンで心地よい流動的間仕切りとして使用された。なんと、彼が日本で感激した雪見障子をヒントにされている。9

カーテンに段差を設けただけの、多肉植物やネオンがアクセントで楽しさを盛り上げるこの家には、キッチンも、お風呂も、ベッドもある。
2 3  

キッチュな家具や、ネオンのオブジェが見え隠れ。楽しくてクリーン。でもモダン。これが、これからのセンソリアスな空間。

いつまでも皆座ってなんとなく居ついていた。家って、いいなぁと思わせるデザインでした。

45


Topicsカテゴリーの記事