伝統に革新を吹き込む 代々の継承

エリティスの凄さは、伝統に新しい感覚を見つけている所だ。インテリアがアートの域にまで昇華され、情熱を持って創作していることが肌で感じられる。7

ちゃんとトレンドが意識されている。しかし、それはエリティスの作品だ。

情熱は、息子にも受け継がれていた。丁寧に、愛おしさをもって語る作品の説明は、ある種不思議なおとぎ話のようで、製品の説明であることを忘れさせた。

12

作品に里山、奈良など、日本由来の名称も見受けられる。一つ一つその名の由来を確認し、何処の布かもちゃんと調べて対応する。日本人も勿論ちゃんと調べて対応する。しかし、愛する作品を、詩を詠むように語ることで、聴く人が恋に落ちるかどうかの違いがでるようだ。

8

和紙のウォールデコール 3Dデザイン

リッチに手をかけたインテリアの材料が、ここ日本でも作られて、世界から買い付けに来るような東京ウィークがあれば良いなと、ちょっとパリの作品群に嫉妬した。
11

今年はグラマラスな素材が目に付く。シャビーの時代から、少し進んで、しっくり深い光を感じさせる素材が出てきている。インテリアが、新たなる魅了の域に、進みつつある。


Topicsカテゴリーの記事