建築家 坂倉準三 パリ−東京展

建築家 坂倉準三 パリ−東京 を訪れた。
日本はこんな和モダンで洒落た空間を 今に繋げていればよかったのにな、と思って拝見。

ラグは、一昨年ケルンのデザイナーとしてDas Housのインスタレーションを行い、2019のメゾンのデザイナー・オブ・ザ・イヤーとしても選ばれたセバスチャン・ヘルクナー のAmesのラグを思わせますね。シェルフは、シャルロット・ぺリアンが京都の桂離宮の違い棚を見て、伝統的日本建築のモジュールに影響を受けデザインしたというブックシェルフでしょうか。グラフィックで機能的な独特のこのシェルフは、3年前のケルンのDas Houseのデザインでネリー&フーが使ってた、カッシーナの526ニューアージュってことですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャルロット ペリアンと坂倉が座るラウンジチェアやテーブルも、イイなぁ。

日仏学院の柱は師のコルビジェの影響か、ジョンソン&ワックスビルに通じるものを感させる。

アプローチも美しく、建物に時が織り込まれていくよう。

 


Columnカテゴリーの記事